血液をサラサラにする効果がある持田製薬EPA

黒酢や黒ショウガで改善

ハンド

体を極力冷やさないように

冷え症の人は冬はもちろんのこと、たとえ夏でも体を冷えから守るように心がけることが大切です。というのも現代日本に冷え症の人が増加した原因のひとつは、エアコンが普及して夏場でも体を冷やしすぎてしまう人が増えたことだと見られているのです。冷え症の人は夜寝るときも体が冷えないように気をつける必要があります。たとえばパジャマのズボンは足首まであるものを選ぶというようなことです。できればよほど暑いとき以外は、夜眠るときも靴下を履いておくのがよいといわれています。冷えはまず足下から入ってきて全身に及ぶと考えられているからです。しかし体質や好みなどで難しいという場合には、冷え症を改善する効果を持つサプリなどを利用して冷え対策を行うとよいでしょう。

血管を拡張して血流改善

冷え症を改善するには血行をよくするサプリが効果的です。特におすすめなのは黒酢や黒ショウガなどのサプリです。黒酢の構成成分のひとつは酢酸ですが、この酢酸によって体内ではアデノシンという血管拡張作用を持つ成分がつくられるのです。さらに疲労回復によいとされるクエン酸もつくられますが、クエン酸もまた血行を改善する作用を持っています。一方、黒ショウガが持つ効果的な成分はアルギニンと呼ばれるものです。アルギニンにも血管を拡張させる作用があり、冷え症の改善に役立ちます。名前からショウガの仲間と誤解されやすい黒ショウガは実はウコンの仲間ですが、ショウガに負けないどころかさらに優れた冷え症改善効果を持っているのです。

Copyright © 2016 血液をサラサラにする効果がある持田製薬EPA All Rights Reserved.