血液をサラサラにする効果がある持田製薬EPA

生活習慣病を予防するため

ゴマ

コレステロールの低下

セサミンにはコレステロール低下の働きがあります。コレステロールはメタボリック症候群の原因になることがあります。特に、中高年男性はコレステロールの中でも悪玉コレステロールの値が高くなる傾向があります。そのため、きちんと対策をしなければメタボになります。その解決に役立ってくれるのがセサミンというわけです。コレステロール自体は肝臓で生成されているのですが、肝臓機能が低下していると、生成の量のバランスが乱れてしまって悪玉ばかりを過剰に発生してしまいます。こうして、血液中にLDLコレステロールが増えるわけです。セサミンは肝臓機能を向上させる働きがありますので、悪玉だけでなく善玉も増やして悪玉コレステロール値を下げるのです。

動脈硬化の予防と摂取方法

セサミンには生活習慣病の改善効果もあります。血液の中の悪玉コレステロールが増加してしまうと、そのコレステロールが酸化してしまって動脈硬化をもたらす原因になります。その理由は悪玉コレステロールは血液中の活性酸素を結びつきやすい性質があるので、血管に詰まりを作るのです。そうして、動脈硬化をもたらすのですが、セサミンは抗酸化作用が極めて高いので、血液中の活性酸素を除去して血管を詰まらせることを防止するのです。セサミンはゴマ油に多く含まれているので、ゴマ油を使った料理をすることで取り入れましょう。あるいは、コメや麦を食べるようにすることも良いです。しかし、カロリーが気になる人にはサプリメントを摂取するといいでしょう。

Copyright © 2016 血液をサラサラにする効果がある持田製薬EPA All Rights Reserved.